自営業に会計ソフトはおすすめです。

このページでは、日営業の自分がなぜ会計ソフトを使うことにしたのか?、どうして今の会計ソフトを選んだのかについて説明します。

自営業に会計ソフトは必要なのか?

自営業に会計ソフトは必要です。

個人事業にしても、法人にしても、立ち上げた当時や起業したばかりの頃は時間がたっぷりあるため、記帳なども手で書いても間に合います。

自分の場合は、起業した当時は帳簿を手で書いていました。だんだんと忙しくなり帳簿をエクセルで記入するようになりました。

そして、最終的には帳簿をエクセルで記入する時間すら無くなり、会計ソフトを導入しました。

自営業の人に必要なものが会計ソフト、もちろん会計ソフトがなくっても、申告はできます。

自分も最初は手書きの帳簿と申告書でがんばっていたんだけど、やっぱり本業の自営業のほうが忙しくなると会計ソフトが気になるようになってきました。

個人事業にしても、一人社長で法人にしているとしても、やっぱり自営業の人にとっては会計ソフトは必須になってくるんですよね。

それは、本業の自営業が忙しくなってきた証拠でもありますからね。

さいきんは本業がいそがしいなぁと感じるようになり、雑用や記帳が面倒だなと後回しにするようになりつつあったら、そろそろ会計ソフトを導入するといいですよ。

自営業の会計ソフトおすすめはどれ?

自営業の会計ソフトおすすめはクラウドです。

クラウドって知っている人がほとんどだとおもいますが、念のため説明しておきますね。

データを自分のパソコンや携帯端末などではなく、インターネット上に保存する使い方、サービスのこと。

だれのどのPCパソコンからでも、携帯電話(機種や条件もよる)やスマートフォンからでもデータを見たり、アップロードすることができるサービスです。

だから、ネット環境や設定、スマホ、PC(パソコン)があまり得意じゃない人は、かえってクラウドサービスの会計ソフトのほうが安心なことも多いです。

クラウド経理の会計ソフトはエクセルよりもおすすめです、自分も今はエクセル会計をやめてクラウド経理しています。

正直、自分はあんまりネット環境とかPC(パソコン)には詳しくないから、1つのパソコンに会計ソフトをインストールして入れるよりも、どこのパソコンからも開けるクラウドタイプの会社経理ソフトが安心だった。

そんなわけで、クラウドの会計ソフトである、弥生をセレクト!。

クラウドの会計ソフトは忙しい人ほどおすすめ

クラウドの会計ソフトはどこからでも使えます。

ネット環境があれば使うことができるクラウドの会計ソフトは本当に便利ですし、操作なども簡単でいいですよ。

あぁ、忙しいなwwww、っておもったら、すぐに会計ソフトを導入することをおすすめします。本業の自営業が忙しい状態になってくると、雑用や帳簿の記帳などがだんだんとできなくなってきます。

雑用や帳簿の記帳ができなくなってくると、当然のコト、現金はあっても振り込みがギリギリになりがちだし、領収書はたまって帳簿へ記帳しないままになってきます。

自分のばあいは請求書の振り込みだけでは信用問題にかかわるので、ギリギリになりがちだけど、きちんと支払っています(支払いに関してはネット銀行を使うこともあります、ネットバンキングは1つあると便利ですよ)。

ここで問題になってくるのは、やっぱり申告ですね。申告はやらなきゃいけないものだけど、やればいいみたいな感覚がどうしてもあるから、後回しになりがちです。

おすすめのクラウド会計ソフト・初年度は無料って本当?

自分が使っているクラウド会計ソフト(弥生会計)は、初年度だけ無料で使うことができました。

ただし、そのあとは有償へ引き継ぐ人がほとんどなようで、最初に自動引き落としをする口座の処理などを郵送する必要はありました。

初年度無料やキャンペーンなどの内容は会計ソフトごとによって異なりますし、毎年行っているかどうかも確認が必要です。

人気のある会計ソフトの公式サイトをリンクしておきますので、ご確認ください。