クラウド経理

自分は一人親方で自営なので、決算申告業務のほか、日々の経理会計も自分でやらなければならない。

もちろん、事務員や従業員など他に大勢いるのであれば(誰かやってくれるから)いいけれど、そんなこともない弱小自営業です。自分でやるしかありません!。

だから、会計ソフトも節約して使わないで、ずっとエクセル会計をしていたんだけど、今年から止めた。

やっぱりね、たいへんなんだよね、エクセル会計はね、クラウドでもないし面倒くさい。

そのてん、会計ソフトもクラウドなら経理もどこからでも開けるから簡単でいいよね。クラウドはネットでつながるから、ネット環境があるPC(パソコン)なら、どこからでも会社の経理ができる。

だから、会社の経理をするなら、クラウド会計ソフトがおすすめです。

会計ソフトを1つのPC(パソコン)にだけインストールして使うなんて、時代遅れだし不便だよね。

どのPC(パソコン)からでも使えるクラウドタイプの会計ソフトなら、さいあくネットカフェでも会社の経理や請求書の発行の仕事ができるってこと。やっぱり安心だよね。

自分はここ数年はもっぱらクラウド派です、ひとり親方やってるとメールで仕事もくるし(これって平成の人が仕事に参入してきてからなんだよね時代を感じるわ)、図面もメールに添付されてくる、もちろん工程表もね。

小さいけれど、すぐに見れるので助かっている、もちろん図面などは大きいものを紙で後で建築からもらうけどね。

会計ソフトはエクセル経理をやめることにした

会計ソフト 安い

会計ソフトはエクセルでの経理をやめて弥生を使うことした

一人親方で自営業になって、もう何年も経つんだけど、その間ずっと、会計ソフトをつかわないで会社の経理をしてきた。

なぜならば、エクセルで経理をしていたから、会社経理で会計ソフトを使う必要がなかったんです。

会計ソフトで弥生を選んだ5つの理由

●価格が他社の会計ソフトと比較した結果、格段に安い。

●登録してすぐに使える会計ソフトだった、自分は当日から使えた。

●自分のときはキャンペーンで初年度が無料だった(でも口座登録などは必要)。

●なんといっても弥生会計は名前も有名で安心でいい。

●クラウド会計ソフトなので、どのPCからでも使うことができる、安心感も大きい。

弥生会計ソフトはクラウド!すぐにどのPCからでも使用できる

クラウド会計ソフト

弥生会計ソフトはクラウド!すぐにどのPCからでも使用できるから、非常に便利。

正直、自分はあんまりネット環境とかPC(パソコン)には詳しくないから、1つのパソコンに会計ソフトをインストールして入れるよりも、どこのパソコンからも開けるクラウドタイプの会社経理ソフトが安心だった。

そんなわけで、クラウドの会計ソフトである、弥生をセレクト!。

クラウドサービスとは何?

ちなみにクラウドとは何かっていうと?、簡単にいうと、データを自分のパソコンや携帯端末などではなく、インターネット上に保存する使い方、サービスのこと。

だれのどのPCパソコンからでも、携帯電話(機種や条件もよる)やスマートフォンからでもデータを見たり、アップロードすることができるサービスです。

だから、ネット環境や設定、スマホ、PC(パソコン)があまり得意じゃない人は、かえってクラウドサービスの会計ソフトのほうが安心だったりもする。

データーとんだり、PC(パソコン)があるひ落ちて二度とよみがえらなくてもデータのバックアップをとっていなくても、クラウドタイプの会計ソフトだったら、そんなこと関係ないし、だいじょうぶってこと。

参考サイト:富士ゼロックス

会計ソフト・弥生では口座登録がありました

弥生会計 登録

会計ソフトの弥生では口座登録がありましたが、今のところ初年度は無料でした(このブログを書いた当時になりますので今から登録される方はサイトでご確認ください)。

初年度無料キャンペーンのある会計ソフトなんだけども、そのあたりはシビアで口座登録が必須なんだよね。

つまりは、次年度もふつうは使うことが前提なので、来年度からは間違いなく有料顧客となるってことなんだね。

だけれども、とにかく、初年度無料で即日からすぐにどのPCでも使えるクラウドタイプの会計ソフトは、やっぱりエクセルよりも便利だなって、おもう一人親方の自営業の自分なわけでした!。

口座登録についての用紙は指定の日まで郵送しました。郵送して到着すると、PCの弥生の画面に出ている口座登録についてのおしらせの文字が消えるそうです。どんな文字だったか忘れましたが、郵送でおくったものが確認されるまでは、口座登録についてのお知らせが出ているということです。

帳簿の印刷もできるしエクセル会計よりもキレイだ!

会社経理ソフト

こんなかんじに帳簿類の印刷もできるから、エクセル会計よりも断然便利です。

科目などの設定を最初にするんだけど、それも特段むずかしいということも無かったそうです。

ちなみに、自分のところは奥さんが入力と設定などをしていました。自分苦手なので。

奥さんが言うには、ふつうに仕事で入力操作を端末でしたことある人なら使えるとのことです。

サービスもオプションとかあるみたいですが、電話サポートもあるようなので、そのあたりも含めて自分がどのプランがいいか決めるといいです。

どっちにしても、初年度無料のキャンペーンがあるうちは、お試しで使ってみることもできるからお得です。使いこなせなきゃ初年度で終了すればいいわけですからね。

会計ソフトがあると領収書の整理が早い5つの理由!

●とにかく科目だけ気を付けて入力していくだけでいい

●科目はあとで訂正できる

●入力するだけで科目ごとの自動集計も完成している

●申告するには完成した会計ソフトの数字を記入するだけでいい

●たまった領収書があっとうまに減っていくのと同時にストレスも減る

溜まった領収書はストレスだよね?

自分のように一人親方で事業をしていると、やっぱり領収書が増えていくのってストレスですよね。

しかも申告期限が迫っているとなると、なおさらです。

自分のところも1年近くためていたものを、クラウド会計ソフトの弥生を使ったら、あっというまの領収書が減っていきました。

といっても、2人で共同作業しましたけどね。自分が月別に領収書を分けて、奥さんが入力していく。そんなかんじです。

エクセル会計での集計よりも簡単だし、帳簿類もきれいに印刷できるから、弥生会計はおすすめです。

税理士に頼むのも料金高いので、自分でするのであれば、やっぱり弥生会計ですね。

たまった領収書に頭を抱えているのなら、今すぐ弥生会計を使ってみるといいですよ。

※公式サイト>>やよいの青色申告オンライン