今日はドメイン設定について、じぶんはムームードメインが好きなんだけど、サーバーはエックスサーバーをメインで使っています。

よく分からない頃は、無料ブログとかで日記ブログ書いていたこともあったけど、今は仕事で自営行業のブログの勉強のためにワードプレスをエックスサーバーで運営しています。そしてドメインはムームードメイン。

レンタルサーバーはどこがいいのか迷ったら、こちらのページをどうぞ>>レンタルサーバーはどこがいい?

まずはムームードメインでURLを取得します

さいしょにムームードメインの公式サイトからURLを取得します、URL=あなたのサイトのドメインです。

URLというと、.comが有名ですが、これ系のドメインは価格が非常に高いです。

ちなみにこのブログのドメインは、mensfashion.black。です、これでも全然オッケー!。

ワードプレスの勉強をしながら、自社サイトを作っていくのであれば長い目で見た方がいいです。自分もこのブログで練習してから、自社サイトで本番です。だから、2つドメインを取得するのがベストなので、なるべく安いドメインを取得しましょう。

ムームードメインでは格安のドメインが多いので、.comなどにこだわらず、のちのち負担にならない金額のドメインを(URL)を取得(レンタル購入)しましょう。

ちなみに、ドメインは基本1年単位での取得となりますが、更新をしなかったり料金が未納だと権利が無くなるので更新や料金の支払は忘れずにしましょう!。

結局、ドメインは購入とか取得というけど、サーバーと同様にレンタル的な要素がとてもつよいです。更新は自動更新にしておくと安心です。

ドメインは公式サイトから取得できます。

※公式サイト>>ムームードメイン

エックスサーバーをレンタルする

ドメインの取得が終わったら、次にサーバーをレンタルします(このあたりはどちらを先に契約しても問題ないです)。

サーバーは格安のところはサービスがわるいし、不具合も多いです。自分も最初は格安のところを使っていたのですが、だんだんと辛くなってきました。

今はエックスサーバーをメインで使っていますが、価格のわりにサービスが手厚いのでとても助かっています。なんどか電話で操作について教えてもらいましたが、とても親切で分かりやすかったです。

エックスサーバーのサイトのマニュアルは見やすいですが、ちょっとしたことが分からないのが素人です。エックスサーバでが電話で問い合わせができるので自社サイト運営がはじめての人でも、何とかなるし、実際に自分もこうしてワードプレスで自営業ブログを練習がてら書いています。

だんだんとサーバーに慣れてくると電話相談は減っていきます、自社でのサイト運営に慣れていない人ほどエックスサーバーのほうが簡単です。

わずかな経費の差でやすいサーバーをレンタルすることは、のちのち後悔しますからね、引っ越しも面倒ですし。自分のオススメはエックスサーバーです。

※公式サイト>>レンタルサーバー Xserver

次にムームードメインのネームサーバーを設定します

ドメインを取得したら必ずネームサーバー設定が必要です。そうでないと、URLが反映されません。

ムームードメインのネームサーバーの設定はサイトでマニュアルがありますので、そちらを見ながら行います。

1.コントロールパネルにログインする

2.設定するドメインを選択する

3.「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」にチェックを入れる

4.ネームサーバ入力フォームに、ネームサーバの情報を入力します。

ムームードメイン ネームサーバー設定

※公式サイト>>ムームードメイン

※注意 4のネームサーバー入力フォームに入力する前に、ネームサーバー情報をレンタルしたサーバーのサイトで確認します。

エックスサーバーのネームーサーバー情報を調べる

エックスサーバーの公式サイトでネームサーバー情報を確認できますので、調べてみまそう。

公式サイトから、ホーム>>マニュアル>>ドメインについて>>ネームサーバーの設定 まで進みます。

ネームサーバーの設定の画面で、エックスサーバーのネームサーバー情報が確認できます。

※公式サイト>>レンタルサーバー Xserver

ドメインを取得すると後でメールが届く

ドメインを取得すると、後でメールが届きます。

●●●●には取得したドメイン(URL)が記載されています。

「【重要】Whois情報 正確性確認 ●●●●」というタイトルで、ムームードメインから届きます。

このメールは、ドメイン(URL)を取得した人の情報がまちがっていないかを確認するためのメールです。

だから、このメールに記載されている情報がまちがっていないときは、そのまま何もしないでいいと記載があります。

自分の情報にまちがいのないときは、メールを受け取るだけで、そのまま放置で問題ありません。

※現在ご登録されている情報が既に正しい場合は、特にお手続きは必要はございません。

※Whois情報公開代行をご利用中のドメインにつきましては、本来のWhois情報(代行前のWhois情報)に対して本方針を適用いたします。

※ICANNのWhois情報正確性確認方針はgTLDドメインを対象としておりますが.jp/.uk/.be/日本語.org以外のすべてのドメインに対して本メールをお送りしております。

※Whois情報が不正確なドメインは、登録抹消や使用停止の対象となることがございますのでご注意ください。

ドメインを取得するときのWhois情報とは何?

Whois(フーイズ)とは、インターネット上に公開されているドメインの登録情報のことです。

不要な情報開示を行いたくなばあいに、新規ドメイン取得のときに、ムームードメインの会社の情報を代理情報として公開(Whois代理公開)することができます。

たいていの個人のばあい、Whois情報はドメイン管理会社の情報を代理情報として公開しています。

※自分の情報を開示したくない人はドメインを取得したときに、「Whois公開情報は、報弊社の情報を代理公開する」に設定しておきましょう。

公開される情報の中には以下情報が含まれています。

・管理を行っているレジストラ
・登録者の名前、住所、電話番号
・登録日や契約終了日
・ネームサーバ名

エックスサーバーにムームードメインを設定

空白にドメインを入力する。

SSLを無料でするばあいはチェックを入れておく(自分はSSLがいいとおもっています)。

ドメイン設定の追加(確認)をクリックして確定する。

ワードプレスをSSLにした記事はこちら。途中からSSLにしたので大変だったけど、最初からSSL化してから記事を書き始めればすごく簡単です。

SSL化もしておきましょう!

エックスサーバーワードプレス SSL化

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

ドメイン

SSL設定

SSL設定するドメインを選び、選択する

独自SSL設定の追加のタブ、独自SSL設定を追加する(確定)を押す

ワードプレスを入れる!ムームードメインでエックスサーバーを使ってます

エックスサーバーワードプレス簡単インストール

最後は、ワードプレスをエックスサーバーで設定する方法です。

エックスサーバーに分かりやすいマニュアルがあります。

サーバーパネルから、WordPress簡単インストール>>プログラムのインストール の画面まで進みます。

WordPressのインストールをクリックします。

WordPressのインストール設定の入力フォームが出てきますので、URLやブログ名を入れます。さいごに「インストール(確認)」を押します。

ブログ名などは後でワードプレスにログインしてから修正できます。

これで、無料ブログと同じようにワードプレスで記事を書けるようになりました。

ワードプレスのテンプレートは賢威です

装飾については自分は賢威をつかっていますが、テンプレートは後でもいいかとおもいます。テンプレートは有料無料とにかく色々出ています。有料だとサポートがいいですよ。

とにかく、まずはワードプレスを独自ドメインで使いこなすことが、自社サイト運営では大切なことです。ワードプレスについては本を買っておくといいですよ。自分も1冊ふるいやつを持ってます(前に買ったので古くなった)。

アメブロなどを利用されている人もいまだに多いですが、やっぱり自社サイトというよりも、事業主の個人ブログ的なかんじでちょっと寂しいですよね。

やっぱり、独自ドメインとレンタルサーバーは自営業や小規模会社のサイトとしてオススメです。

※公式サイト>>ムームードメイン


※公式サイト>>レンタルサーバー Xserver


簡単に作るのなら、ホームページ作成サービスも人気です。

1.お店の基本情報を入れる
2.デザインのパターン、色を選ぶ
3.素敵なお店や料理の写真をアップする
こんなに簡単!3ステップでお店のホームページが作れる!
飲食店向け簡単ホームページ作成サービス「グーペ」

このサイトのデザインは、ワードプレス(無料)にテンプレートを購入して作成されています。同じテンプレートは公式サイトから購入できます。
※公式サイト>>SEOテンプレート【賢威】